10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- スポンサー広告

こんな会話

2010/08/07
コアトラのアドバンスセミナーの最終日、
電車でラッキーにも座れた私は、満員電車のサラリーマンをぼーっとみつめているうちに
こんな会話をノートに走り書きし始めた。

以下、ノートより。
(顔文字使うあたりは、愛を込めて、「あの世に聞いた、この世の仕組み」の後に続きました。
 「パクっただけだろ?」
 「・・・・・」)

*******
なんだか急に書き留めたくなる。概念というか、そういう感じという内容が浮かびはじめて。

(-.-) 「人はよりよい自分になろうとして、みなものすごい努力をしている。
だけど同時に、本当によりよい自分(=神)に到達するのを避けている自分もいるんだ。
その存在にうすうす気づいていながら、その自分のことは゛しょうがないよな″で済ませてしまう。
よりよい自分になるためなら、ものすごく頑張っているのに、どうしてそれをさせないもう一人の自分のことは、見過ごしてしまうのかね。
それこそが、よりよい自分になれない最大の理由だというのにだよ。面白いと思わんかね。」

( ̄Д ̄)ノ 「恐れがあるからでは?」

(-.-) 「本当によくなることなど人間としてはあってはならないと、なぜか思い込んでしまっている。神にはなれない。
また、神とは、おそろしい存在だという思い込みを変えようとはしない。
神という存在の理解が根本的に間違っているからじゃ。」

( ̄Д ̄)ノ 「では、どうすればいいの?」

(-.-) 「神という定義を変えていかなくてはならん。
そうだな、神という言葉で連想するものは?」

( ̄Д ̄)ノ 「え~っと、、、宗教・キリスト・神様・白い服・地獄・神との対話・ACIM・天国・・・」

(-.-) 「分離したものばっかりじゃな。」

( ̄Д ̄)ノ 「あっ、つい。いや、ちゃんと考えれば・・・神とは自分そのもの。」

(-.-) 「そう、神とは、お前と一体、そのもの。生きるエネルギー」

( ̄Д ̄)ノ 「この前の合宿で、チャネラーのミカエルさんは、神というものを引き寄せのシステムだと考えると面白い・・・とおっしゃってました。」

(-.-) 「このあたりの表現はちょっとスピリチュアルな本をひらけばごまんと出てくる。それぐらいはもう知っているだろ?」

( ̄Д ̄)ノ 「はい。正直そんなことばっかり考えてます」

(-.-) 「わかっている。そしてお前はもう気がついているはずだ。知識として知っていることと、本当にそれを信じることは、まったく別だということを。
例えば、ゴルフの知識は山のように知っていて、コースのことも熟知していても、実際にクラブをふってみないことには、ゴルフはできない。それと同じだ。知識で詳しくなることと、それを自分に取り込んだ人生を体感して生きるということとは、まったく違う。
そこで、用意されたプログラムがACIMであり、NLPだ。
どちらものフレームチェンジじゃ。」

( ̄Д ̄)ノ 「???」

(-.-)「NLPでは、神という概念をりフレームしていると気づかせずに(拒否反応を起こす人がいるのでね)。今の神の概念は、自分が自分に仕掛けたマジックだ、トラップだということをパズルをとくようなロジックでといていくのが、NLPだ。そうしていることで、今の神の概念のようにのさばっていたブロックを根底からひっくり返している。ACIMとの共通点はそこだ。
どちらも一番コアな所で作られたトラップに対して働きかけ、それをなくしてしまうための手段・プロセスだ。そしてキーワードは、体験だ。」

( ̄Д ̄)ノ 「ホ・・・ウ」

*********

会話は続く・・・・
そしてハッと気がついたら、降りるはずの駅を2駅も乗り越していた。。。。残念

23:17 ガイドさん | コメント(0) | トラックバック(0)

変化

2010/08/04
怒涛のセミナー9日間を無事終え、日常に戻ってまいりました。

ただいま。
(←家の中は、かなり散らかり荒れている。。。。。)

********

「コア・トランスフォーメーション」のセミナーのベーシックからアドバンス、
そしてトレーナーズトレーニングまで経験して、
なんだか内面が静々と力強く・・・まだ変化の最中 という感じ。

自分の行動や反応などで扱いたいと思っていたテーマで
いろいろワークをしてきて、穏やかだけどパワフルに変化しているところ。

「NEW在り方」にバージョンアップしている最中とでもいいましょうか。

これから、日々、最新状態に更新していくのだろうとも思うんだけど。

やっぱりすごく強力なツールで、
実はかなりの勢いで「ACIM」とリンクしているということにも
気づいています。

まったく違うアプローチですが、
目指す同じ場所に向かうのに、ローラースケートを履きながら(コアトラ)
動く歩道(ACIM)の上を走っているような感じ。

とでもいいましょうか。
もしくは。

ガイド本片手にバッグパッカーでとある国(ACIM)を旅している私、
しょっているリュックのなかに、
「目的地を指し示し続けるナビゲーションシステム」(コアトラ)
をつんだ。みたいな。

コアトラ開発者で今回のトレーナーをしてくれたタマラさんは
最後にこんな言葉をくれました。

「みなさんのしょっているリュックには、いまやたくさんのリソース(資源)が
詰まってますね。さあ、このリュックを、このまま押し入れにしまってしまうというのも
ひとつの方法かもしれません。
そして、毎日しょって、いつもどこにでも共に行くという方法もありますね。」

「自分の中にある“光”を多くの人に広げていくということが、みなさんの目的ですよね。
どうか、すばらしい体験を、リュックをしょってしていってくださいね。」

わお!
何からはじめようか。
また動きが決まってきたら、どんどんお知らせしていきます。

******

そして、今回のワークの中で、自分自身の感覚のバランスを調整し、
いわば、五感の大掃除をしてきたんですが・・・

どうもそのワークを行った日から。

かなり回線が開いたらしい。

ガイドさんからのメッセージと思われるいろんなことが、
どんどんノートにたまっていくのだけれど。

ガイドさんなのかな・・・・

「まだそんなこと言っているのか」とつっこまれるのだが。

やすらぎの部屋の合宿から続いて、なんだか面白いことになってきている感じ。

まあ、そこんところは、いまだ自分でも「様子見」状態ですので、
新たに面白い動きがあれば、またお伝えしますね~。

19:17 コア・トランスフォーメンション | コメント(0) | トラックバック(0)

コアトラセミナー

2010/07/26
現実世界での動き。

感動的な体験をくれた「コア・トランスフォーメーション」のワーク
ぜひともみなさんにも体験してもらいたい!
と思ったので、

「コア・トランスフォーメーション」のホームページに行ってみたのです。

そしたら、なんとなんと、開発者の方をお招きする年に一度のセミナーが
丁度開催されるという告知。

しかも、日程は間近に迫り、空席が多少ある様子でした。

ただ、セッションを提供できるためには、ベーシックからアドバンスコースへ、
そしてさらにトレーナーコースまで受講することになります。
全部で9日間。全日程に出席できるという環境が整わなくてはなりません。

意外にもいつもは仕事のはずの旦那のスケジュールが丁度休みだったり、
夏のこの時期でキャディの仕事が少なかったりと、
かなりいい感じ♡
唯一入っていた仕事を休めたら考えようと思って電話してみたら
「いいですよ~」とあっさり休みがOKになりました。

次なる課題は、軍資金。
お値段が・・・かなりのものなんですね。
手持ちはゼロですから、もうどうしようもないし。
「よし、誰かが貸してくれたら、やってみよう」
と思いました。
貸してくれそうな羽振りのいい親友に電話してみるも、留守電。
・・・彼女じゃないのね。

あと頭に思い浮かぶのは一人の人物。
母親です。

これまで、若くてお金がなかった頃も母にお金を借りたことは一度もありません。
あなたの世話にはならないという気持ちが強く働いていたので、
借りたら負けと思っていたからです。

しかしそんな部分がだいぶ癒されたのでしょう。
甘えてもいいんだと思えるようになっていました。
要介護の父を抱えて年金暮らしの母ですから、決して余裕があるわけではないのですが、
それを承知で、電話してみました。そしたら即答で
「いいよ。あなたが本気でやろうと思うなら応援するから」と
無期限で貸してくれました。

旦那に相談したら「やってみれば」と応援してくれます。

*やりたい気持ち
*日程などの環境
*資金
*家族の理解

全部がさっとそろって。
「よし!やるぞ」と。

****************
先週の金曜日から土・日にかけてのこの3日間、
「コアトランスフォーメーション ベーシックセミナー」に出席してきました。

いや~。すごかった。

もう無意識とコンタクトとりまくりで、
毎日ココロの筋肉痛を起こしたみたいにどっと疲れるくらいに

すごく充実した内容と体験の連続でした。

明日から、アドバンスコース3日間に出席してきます。

20:11 コア・トランスフォーメンション | コメント(2) | トラックバック(0)

合宿IN河口湖

2010/07/19
やすらぎの部屋主催「河口湖合宿withミカエルさん」に参加してきました~。

すっごい刺激的で面白く、また実り多き1泊2日でした。真近でみる富士山は雪がなくて夏バージョンでした~。

fujisann

こんなチャンスをつくってくれたやすらぎの部屋のコオさん、美保さん、
一緒に分かり合ってくださったみなさま、そしてミカエルさん、本当にありがとう!!!

チャネリング講座では、、、、、

ノートに書いてあるそのときのメモの内容が
びっくりするぐらい、その後のトークででてくる内容と一致していたりして、

すごいな~と思ったよ。

自分が作ったのではないか、と以前は流していたあの感じと同じで
やっぱりそれは、私が作ったことではなくて、気のせいでもなくて、

聖なる存在からのアプローチだったんだなと、疑わないことにしました。

それでね。
「コア・トランスフォーメーション」のワークを自分にやってみたときから
私はすごく根底から変化していて、
その流れで今回の合宿に行ったのですね。

そして、すべてを終えて、帰りの車を運転して5分もたたないとき、

一気に、私の奥底から、メッセージが届いたのです。←これがチャネリング。
前の私なら、流していた・・・気づかないふりをしていた・・・かもしれませんが、

そこは前夜にチャネリング講座をうけて、チャネリングの感覚とは何ぞやと体感した身。
すぐにわかりました。ああ、言って来てる。と。

なんていったかというと。

「おめでとう!!!!!あなたは自分自身として生きる意志をもって生きていくことにしたのね。
待っていたよ、おめでとう!嬉しいよ、おめでとう!」

と。なんだか見えない応援隊が全員で宴会でも開くかの勢いで、喜んでいるのです。

私は涙が止まりませんでした。
涙をだらだら流しながら運転しつつ、「ありがとう。ありがとう!」と答えました。

これから、行動にでます。
現実世界での動きについては、また次回お伝えします!
22:21 気づき | コメント(0) | トラックバック(0)

核心に触れる勇気

2010/07/17
マイケルジャクソンが「HEAL THE WORLD」と歌い
宮崎駿監督が「ハウルの動く城」で感じさせてくれた(←さっきテレビで観た)
「愛」の表現を

すばらしいと思った。

正直にいえば

大半は、嬉しくて、すばらしくて、よくやってくれたと、感謝している。
そして同時に「うらやましい」と感じる部分がほんの少し残っている。
大衆をあいてにしたやり方は、いつの日か、できたら最高かもしれない。

なんの、なんの。

やろうとしていることはまさに、一緒だ。

私は、

直接的に。地道に行くのだ。

社会からみたらほんの針の穴くらいの小さな動きかもしれないが

私のできうることを、

愛を思い出し、本来の自分自身につながれて、
生き生きと生きていける力を取り戻せるために、
全力を尽くす・・・
地道に。

これが私のやることだ。

相手は、自分と、縁のあった方。
それは、トータル世界のためにつながる。

世界は変わるというワクワク感は

いわゆる青春とよばれる時代に感じていたあの意味のない高揚感に包まれて

今、私は現実を意志をもって選択して生きていくことを

また、している。あの頃のように。

だから、すべてのものに、ありがとう。


明日から、やすらぎの部屋主催「チャネラー・ミカエルさんとのお泊り合宿」に
参加してきます。たぶん、私は、今日の私とは違うニューバージョンになると。

ならなくても、またそれはそれで、いいのだ。

それで、いいのだ。
00:47 気づき | コメント(0) | トラックバック(0)
« Prev | HOME | Next »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。