FC2ブログ
08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- スポンサー広告

名なしの・・・

2009/08/27
先日書いた子供のキャンプ・3泊4日の解放デー。
母という役割から解き放たれた気分になったあの感覚を一言で言い切ってくれた人がいる。

安部清明。陰陽師。
その一言とは・・・

「この世で一番短い”呪”とは、名である」

漫画「陰陽師」。
はやくも一巻でこんな名台詞が飛び出す。
とはいいつつ、目新しい内容ではなく、これっぽい話はよく聞く話。
「本当の名を相手に知られたら終わり」みたいなやつ、あるよね。
それだな~なんて読み進んでいたら、その後の清明さまの説明が、すごいのだ。

「山とか海とか草とか、そういう名も呪のひとつだ。呪とはようするにものを縛ることよ。ものの根本的な在り様を縛るというのは名だぞ。たとえば俺は清明という呪をかけられている人ということになる。
眼に見えぬものさえ名という呪で縛ることができる。」

この部分を読んで、思い出したのが、
「The Journey 癒しへの旅」という本のくだり。
NLPのトレーナーでもあるのが、著者のブランドン・ベイズ。
彼女は、子宮筋腫を自然治癒させた後、病気をつくりだしている心の固まりにアクセスする方法を編み出し、
NLP的なスクリプトにまとめることに成功した人物だ。
人生に起こったさまざまな出来事が、彼女の意識を目覚めさせていくわけだが、
あるとき、家が焼けてなくなり、夫が別の女と結婚するといい、子供がもう会わないといって出て行き、お金もまったくない状態になった。

そのときのことを彼女はこう書いている。
「自分の知っていた自分のアイデンティティー、母であること、愛する妻であること、自分の生活、そして自分の生き延びる能力までもが剥ぎ取られてしまったのです。」

しかしこれこそが、”呪”。
母という名の呪。妻という名の呪。


安部清明は、こういっている。
「この世に名づけられぬものがあるとすればそれは何でもないということだ。存在しないともいえる。」

ブランドン・ベイズは
「「大いなる源」は私にとても深い教えを与えていたのです。腫瘍からは私が肉体ではないことを、火事からは私が自分の所有しているものではないこと、税務署からは私がお金や生き延びる能力ではないこと、娘からは自分が人間関係ではないこと、夫からは自分がロマンスや結婚ではないことを。自分はすべてのものがやってきては去っていくとき、変わらずに存在しているこの愛なのです」

****

いつの日か、自分に与えたすべての「呪」からさめた「何でもない」状態を
楽しみながら味わえるだろうか。
13:57 気づき
« 原型 | HOME | 母役の幕間 »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。