FC2ブログ
08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- スポンサー広告

おとうちゃん

2008/07/29
小さい頃から、「おとうちゃん」と呼んでいる。
私の大好きな父。

破天荒な人だった。
10年の間に家を都合3件買っている。
1件目は博打でなくなり、2件目は仕事場からあまりに遠くて3年でやめ、
3件目は5年前に私が売った。

父は5年前に、胃がんの手術をしてから様子がおかしくなり、
うつ病を発症、その後ウィルニッケ脳症という病気になり、
結果、新しい記憶がまったく入らない状態になった。
どうも10年ほど前の時点で記憶が途絶えたようだった。

母と二人での生活には無理があったため、当時の家を(私が)売り、
看護婦をしている姉夫婦の家へと移った。
リハビリをしてなんとか自分で歩行できるようになり、
トイレは自力でしてくれる。

ただ、記憶が入らないので、ご飯を食べたことも忘れる。
今いる家がどこなのかも、説明した5分後に忘れる。
一緒に住む孫や姉の旦那さんには、毎日「はじめまして」と、新鮮な出会いを繰り返す毎日だった。

でも、母と姉と私のことだけはちゃんと認識できていた。

昨年、以前からキャリアだったC型肝炎が発病。

そして3日前、腸閉塞を起こし、肺炎と脳からの出血もみられる状態になり、一時意識不明に。
幸い姉がいた時間だったので、すぐに対処し、救急車で病院へいったそうだ。そして入院。

管という管を勝手に自分で抜いてしまうので、
点滴している手は血だらけになり、
鼻からいれている管も日に3~4回入れなおす状態なんだそう。
24時間付き添いが必要ということで、
私も明日から父のいる岡山県へ行くことにした。

子供たちは旦那が夏休みをとってくれたので、おまかせすることに。
5日間、看病してきます。

小さい頃から大好きだったおとうちゃん。
晩年の姿から、いろんなことを考える。

到底「生きている」とは言えない状態に、何の意味があるのだろうか。
どうして父は死ねないのだろうか。
いや、この期間は、父が私たち家族に最後にくれた大事なプレゼントなのではないだろうか。
・・・・・・

管がいやなんだろうな。
本当にいやだから無意識にぬいちゃうんだろうな。

もう、はずしてあげたいな、、、、。それが何を意味するのかわかってはいるけれど。

そのときがきているのであれば、スムーズに肉体を離れて幸せなスピリットへと戻ってもらいたいなと
思う私。

意外と落ち着いて状況を捉えている自分に、少し驚きつつ、
これもスピリチュアリズムを探求し、
死というものへの恐怖感がかなりやわらいでいるからかなと感じつつ。

ただ、ふとした瞬間に父への思いがあふれでて、どうしようもなく涙が流れること数回。


お父ちゃん、ありがとう。
明日いくからね。
21:33 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。