05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- スポンサー広告

私たちの選択のもうひとつの側面

2010/04/23
フリースクールに行き始めたうちのおねえちゃん、
意気揚々と韓国へ!

ずっと在学している4~6年生は、これまでの経験から
すでに韓国の伝統舞踊が踊れるようになっており、何度も国際的な舞台を経験していた。
今回も招かれての出演なんだそうだが、
先日はいったばかりのうちのお姉ちゃんは、当然踊れない。
しかも数日でマスターできるような内容じゃないから、
今回は「お手伝い&応援」という名目で参加することになっていた。

しか~し!行くからには、外から眺めているだけに終わらせないのが、園長先生である。

結局、「最初に歌を歌ってからおどることにしましょう」と計画を変更し、
うちのお姉ちゃんも歌で舞台にあがるという場面を作ってくれたのだ。
だから本人は「傍観者」から「出役」に変わり、
一生懸命歌の練習をお風呂でやっていた。
「体験」することの大切さをきっちりと知っていらっしゃるのだろう。
さすが現場の方だ。

そんな風にさらっと変更がきくことが
やはり身軽な集まりであるところのいいところだと思う。

そんなわけで昨日
お姉ちゃんの方は本番にむけて
人生初の海外、そして単なる「旅行」じゃない、目的のある旅へと出発したのだ。

とにかく公立小学校に通っていたときとはまったく違う毎日が展開していて、
どきどきわくわくの連続なのだから、
楽しくないわけがない。
いいな~、いいな~と見ているこっちまで楽しくなってしまう。

というのが、私の目から見た今である。

これが、旦那のご両親にはまったく違ったことになるのである。
妹のフリースクール行きを選んだときも「常識はずれ」の「理解不能」な選択に
相当動揺されていたが、それでも最後は「お前たちが育てるんだから」といって
しぶしぶわかってくれた感じだった。
そのときにおじいちゃんは念を押して「お姉ちゃんだけはこのまま普通に小学校でいかせてやってくれ。
あの子をフリースクールに変えるってのは、絶対になしだからな」といっていたのだ。

「それはわかりませんよ。今はいかないっていってますけど、
この先本人がなんていいだすかはわからないんだから。」
と私たち。(でもまさか本当にいくって言い出すとは思ってなかったんだけど)

それがあっちゅう間に状況が180度変わってしまったわけで。
さあ、大変。

旦那が報告をしに行ったとき、
おじいちゃんは「怒り」
おばあちゃんは「泣いた」そうだ。

普通の教育を受けさせず、小さな世界に押し込めて、友達の数もすくない、教科書はつかわない、しかも認可されていない学校じゃないところで、免許のない先生が・・・ああどうなってしまうのか。
子供たちが「かわいそう」。

これは世の人が思うであろう「普通」の反応であるわけなんだけど。

それは十分わかっていることなんだけれども、
親としての私たちの選択をまったくもって「信頼」されていないということに
私自身がかなり感情的に反応した。自分でも「うわぁ~まだこんなに感情的に怒りがでてきて言いたいことが噴出すんだ」と思うくらいに反応したのだった。

人は「イメージ」で「判断」し「審査」し「白黒」つけたがる。
実際何が行われているか、一度も見たことないのに、
「わかっている」ようだ。
そして自分が自分の価値観の中で批判し判断していることに気がつかない。

どうして見てもないのにわかるのだろう。
どうして、「だめなこと」って決め付けるのだろう。

と思ったとき、それはまさしく「自分」もそうしていることがあるという
「お知らせサイン」だと気づく。

さて、ここからが、「奇蹟のコース」を実践中で「鏡の法則」を知っていて、
この世(宇宙??)の仕組みを勉強中の私のチャレンジである。まぎれもなく。

自分の状況を整理するためのメモ。

*親の言うことを聞きなさい。的な角度にすこぶる反応した私は
 「自分こそそれをしている」ということに気がつくために、この現象が起こっていると認めること。
*私に気づかせるためにあえて嫌な役をやってくれている旦那のご両親に
 「その役をやってくれてありがとう」と感謝すること
*旦那のご両親は、今の私バージョンの「旦那のご両親」であり、
 それは「鏡」であるということを知ること。
*旦那のご両親が孫に対して「投影」している信念や価値観を
 「否定」するのではなく「許す」こと。
 相手ではない。原因は私にあり。私自身を「クリーニング」すること。
*日々、自分がわくわくする高い波動にいることを自分に許すこと。
*自分自身を「信頼」すること。

ほら、すごいよこれ。
旦那のご両親に「怒って」「理解して欲しい」なんて思っている場合じゃないよ。
そんなところでぐるぐるまわってないで、
エネルギーを前向きに使うときだよ。

って、自分に言って。
こんな経験ができるのも、子供という「天使」の存在があるからこそ。
だから、子育てはありがたく、面白いのだな~。

10:13 気づき | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。