FC2ブログ
11月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫01月

スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- スポンサー広告

状態を観察する。

2010/02/07
今日はとっても強い風だった。

びゅんびゅん吹き荒れてた。

しかし、ゴルフはやるのだ。誰一人として「止めよう」とは言わない。
私だけ一人「午後はやめようっていうかな?」って考えてたけど、
ゴルファーたちはそんなこと微塵も思っていないらしい。

こんな風の中でも、やるんだ。

「好き」ってすごいな、と思う。

私は仕事だからという理由でやっているのだけれど、
実は風を全身であびながら一日の時間の流れをかんじていくのは
ちょっと素敵だったりする。

やっているその間に感じていたことは、「結構好きだな~」ってこと。
だからちっともストレスはない。

けれど、終わって家に帰ってきて
「もう一回今日みたいな風の日にキャディする?」といわれたら
即効答える。
「もう結構です。」

自分の思い込み。
私には「風の強い日に外で何かするのは、いや」という思い込みがある。
それはそう簡単には変えられないらしい。
冷たい風の吹き荒れる寒い日に外で1日すごす。
そんなことを考えると途端に「行きたくない」気持ち満々になる。

つまり、思い込みや信念や想像で「状態」は作れる ということだ。

そのわかりやすい例にもなるある出来事があった。

2日前、あろうことか「免許証」をなくしてしまった。
朝、仕事に出かけようと荷物を用意しているとき、
入っているはずのバッグの中に
免許書をいれた名刺入れがない!

あれ?ないはず、ない!!!
どっかに出しておきっぱなしか、それとも子供がいじったか。

朝の時間のないなか、数分必死でさがすも、まったく見当たらないので
その日はあきらめて、
「免許不携帯」で車で出勤した。

その車中の「どきどき」したことといったらすごかった。
「もし警察に呼び止められたらどうしよう」
「こんな日に限って事故ったりしたらどうしよう」

「免許がない」→どんどん最悪の事体を想像し→なぜないの!?と自問自答→呼吸も速くなる

しかしそこで思い出した。
以前も免許を家に忘れて運転していたことがあったのだ。
そのときは、出先で財布をだそうとして、
財布ごと忘れてきたことに気づき、
免許をもたずに運転していた事実に初めて気づいたという流れ。

当たり前だが、財布を忘れていることに気づいていないとき
つまり免許がないことに気づいていないときは
ぜんぜん緊張もせず平常心で運転していた。

ところが気づいてからの帰りの車は
「どきどき」しながら運転するはめになる。

意味づけがかわれば、これほどまでに「状態」は変わってしまうのだ。

2日前、免許証がないことを意識してから、そんな出来事を思い出していた。
「ああ、免許がないってことで、状態が変わったな」

その日は仕事場についても心ここにあらずで、
うっかりしてるとすぐに「免許落としてたりしたらどうしよう」という思いにとりつかれ
結果、胸の奥がきゅっとつかまれた感じの不安な気分なってしまった。

そのときは、免許を提示しなきゃいけないわけではないのに。
免許があろうがなかろうが、今からするキャディ業務には何の影響もない、はずなのに。。。

「状態」は変えられるのだ。
そう思って、「免許」のことはムシすることにし、キャディ業務に集中した。

いつのまにか、目の前のことに気をとられ、あの不安な感じはなくなっていた。

そして帰りの時刻。車に向かう。思い出した!
免許、ないんだ。。。。
いっきに不安が押し寄せる!状態変わった。

結局、家に帰ってからもう一度探したが見当たらず、
思い当たるのは前日の夜に買い物したスーパーくらい。
すぐに行って聞いてみたら・・・・・

「とどいてますよ!今お持ちしますね!」
「まじですか~~~~。あ、ありがとうございます~」

もんすごいホッとした。
よかった~~~~。

「免許」という言葉が「不安」な状態を呼び起こすという一連のプログラムは、
瞬時に消えてなくなった。

「あるきっかけ」が「心の状態」に連動しているということに気づいたら、
逆もまたしかり。
つくりたい状態を「仮想」でつくることも可能となってくる。

事実である必要はない。
信念に心まで明け渡す必要もない。

ただ、それが「本当」のことのように振舞えばいい。
脳は「仮想」と「現実」の区別はつかない。

らしい。よ。

それをテクニックにしたものが、NLPではポピュラーなスキルのひとつ「アンカリング」。
「あるきっかけ」と「自分が望む状態」をくっつけるというもの。
たとえば、人前で話しするときになぜかすごく緊張してしまう人ならば
「人前で話す」状況に「リラックス」している状態をくっつけてしまうというもの。

「ゴマを食べる」と「ほっとする」状態をつくってしまった、あれである。

そう思って自分の生活をみてみたら、結構アンカリングされてるものがいっぱいあるから
面白いよ。
みなさんも、当たり前とおもっている「あるきっかけ」が呼び起こす「状態」に
注目してみて。
それって、望めば、変えられる。
かも、しれないよ。
21:20 NLP | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。