10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- スポンサー広告

支援チャイルド決定!

2008/05/21
以前書きました募金の話。
セッションでいただいたお金の一部を世界の影をしょってくれている子供たちにまわしたいという、あれです。
選んだのは、
ワールド・ビジョン・ジャパンの「チャイルド・スポンサーシップ」

申込書の指定欄には、男女、国問わずどこの子でもかまいませんという風にしました。

そしたら!
私が支援するチャイルドが、こちらの子に決まりました~!

ヌルダナちゃん


モンゴルの、ヌルダナちゃん。女の子、4歳です。

ヌルダナちゃんをとりまく状況は、以下のようです。

モンゴルの首都ウランバートルより西におよそ1700キロにあるバヤン・ウルギー地域。
寒暖の差が著しく乾燥しており、冬はマイナス24~35度、夏は20~40度にまであがる厳しい環境にあります。
昔ながらの狩猟と遊牧で細々と生計を立ててきた人たちでしたが、
1990年以降に社会主義から市場主義経済に移行した混乱により、多くの人が職を失い、
技術や経験がないために新しい職につくことが出来ない状況。
さらに、1999年から2001年にかけての豪雪と続く干ばつにより、財産であり生きる糧であった家畜を多くの住民が失ってしまいました。収入源がなくなり、厳しい生活を強いられています。
人口の68%が貧困状態にあり、ますます深刻化しています。
中心部以外は、電気、暖房施設、水道、電話回線もほとんど通っていません。

ヌルダナちゃんご一家は、ヌルダナちゃんのほかに姉妹が2人、
お父さんとお母さんはどちらも非雇用という状態です。

私が月々支援するお金は、
ヌルダナちゃんが生活する地区の開発プログラムにのっとって利用されるそうです。
小規模事業の導入、野菜栽培の指導、学校の整備、暖房器具、薬や医療機器、栄養不良にたいする治療と衛生的な水へのアクセスなど。

ヌルダナちゃん本人とお手紙のやりとりができて、
成長をみまもっていけるという仕組みになってます。

うちの2番目と同い年。
冬、寒いのにストーブないのかな。火をたくのかな。

昔から、民族に伝わるやり方で生きてきた地域のバランスが、
政治的なことと異常気象によって崩れてしまったようです。

これから、愛をもって、支援し続けたいと思います。

ブログでも、様子を報告しますね。

・・・収入源が確保されぬまま、支援が先に始っちゃった。。
まあ、いいよね。それはそれで。。。。
スポンサーサイト
16:40 ヌルダナちゃん | コメント(0) | トラックバック(0)
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。